サボさん夫婦のブログ Enjoy Yourself!!

夫婦で人生を楽しむことを追求するブログ 〜海外生活. 旅行, 語学, 育児, お金, 音楽〜

TOEIC915点をとった私の英語勉強法 スピーキング編

f:id:sabo-san:20180817232728j:plain

 

こんにちは!!sabo-sanです。

 

前回はリスニング編を書きました。

今回はスピーキング編です。過去を振りかって効果のあった勉強法をまとめてお伝えしていきます。

 

前回記事はこちら

sabo-san.hatenablog.com

 

英語勉強体験記はこちら↓

sabo-san.hatenablog.com

 

目次

 

1. 発音

 

これはリスニング編で詳しく触れています。

やっぱりスピーキングには発音は大事です。

 

当たり前ですが、発音記号と同じように単語を正確に(なるべく)発音することを心掛けることで相手に伝わり易い英語になります。

 

日本語にない音はひたすら真似をして口と舌に馴染ませていく作業が必要です。

地道な作業ですが、英語を使っていく上でベースとなる知識と能力になると思います。

 

リスニング編でも紹介しましたが、私は「英語耳」という本で発音記号を一から学びました。

 

一人、部屋でとことん発音をしていました。最初は恥ずかしいですが、ものすごく英語っぽく、外国人っぽくやるのがコツです。

 

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

 

 

2.一つのリスニング教材をとことん聴く&発音する

こちらもリスニング編と同じです。

基本的にはリスニング教材を使って聴くことと同時に口に出すことスピーキング力を伸ばすためには、聴いた英語を同じように口に出すことを繰り返すことが大事です。

 

リスニング教材を使用する際、私が大切だと思うのは、下記4点です。

(リスニング編と同じ)

 

①色々なものに手を出さないこと

②一つのものをとことんやること

③聴いた通りに発音してみること(恥ずかしがらずに外国人っぽく)

④会話でストーリーが進んでいく内容のものを選ぶのがベスト

 

私の場合下記の教材を使用しました。

 

詳しくはリスニング編をご覧下さい。

 

とにかく同じことを口に出して、口と舌に馴染ませることが大切です。

  

3.使える単語を増やす

とにかく語彙力をつけましょう。

単語は知っていれば知っているほどいいと思います。

ここでの語彙力はあくまで「使える」というのがポイントです。

意味を知っている、だけでは会話では使えません。表現として使える単語を増やすことが大切です。

 私は下記の本を使って単語力を覚えました。

これ以外は使っていません。

TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

 

例文や発音記号が載っているので「使う」ために覚える事も出来ると思います。 

 

4.会話

あとは当たり前ですが、とにかく会話をすることです。

間違ってもいいのでとにかく思っていることを言葉にしてみましょう。

相手が言っていることが多少分らなくてもいいんです。

語学は恥ずかしがったら負けです!どんどん恥をかいてみましょう!

覚えた単語をどんどん使い、相手の言っていることをどんどんまねをする。こうすることで表現の幅が少しずつ広がっていきます。 

 

以上、効果のあった英語勉強方法まとめ スピーキング編でした!

とにかく口に出すということが大切だと思います。

リスニング編とちょっと内容が被ってしまいました(汗)

妊婦生活の振り返り〜現在妊娠10ヶ月36週、臨月!〜

f:id:sabo-san:20180817213841j:plain

 

こんばんは☆ sabo-chanです。

 

 

 

私、ただいま妊娠10ヶ月、臨月の妊婦です! 

明日から37週の正産期(もういつお産が始まっても良い時期)に入ります。

 

 

 

結婚し、メキシコに住んでいた事もあり、赤ちゃんは日本に戻ってからかなと考えていたら、日本に帰って来てからもなかなか出来ずに2年超経ってしまいましたが、やっと授かれた我が子。

無事生まれるまでまだまだ不安ですが、毎日お腹のなかで激しく動き回っていて、私は痛く苦しいですが、とても愛おしいです♡ 

 

 

 

 

妊娠してからは、まず初期のつわり。 私はそんなにひどい方ではなかったと思いますが、それでも絶えず、「うー気持ちわるー」の日々。少しだけ(2〜3kg)やせて、とにかくフルーツ! ラーメンとか絶対無理!笑 な感じでした。

周りからは、「つわりはすっと終わる日がくるからそれまで頑張って!」と励ましてもらったり、「私は産むまでずっと気持ち悪かった」と、脅されたり(笑)、ビクビクしながらも、つわりが終わる日を信じてフルーツを食べて、時間のあるときはとにかく寝て過ごしました。 そんな日々を主人は食事の片付けや、お洗濯なども手伝ってくれたり、もちろん私をいたわってくれて優しく支えてくれました♡ ありがとう!

 

 

 

妊娠中期に入り、あれ?まだちょっと気持ち悪いかも。(@_@)!!!

とドキドキしていたら、あれ?元気になったかも!!!!!

ついに! つわり終わりました!!!

つわり中に計画していた、嫁ぎ先の恒例の家族旅行も、主人と最後の二人旅行も、その他たくさんのお出かけも、絶好調で楽しめました! 

妊婦ってこんなに動けるんだ!みたいな。主人の方が疲れちゃうくらい歩き回りました(笑) お腹は少し目立つようになって、体重はすっかり戻り、プラスに。ここから体重管理しなきゃ、という自分の中での縛りの日々が始まりました。

 

 

 

後期に入り、すっかりお腹も出て来ましたが、まだまだ全然元気!

やっと性別も確定し、やっとやっと初めてのベビーグッズ買い出しに。

初めての子ですが、もらえるものはもらって、最低限になるように頑張りました。

主人と相談して、ベビーカーと抱っこ紐だけはお金かけていいものをget!

部屋の準備も始めました。

 

 

妊娠9ヶ月も半ばに入ると、赤ちゃんが大きくなったからか、胎動が一段と激しくなり、夜痛すぎて起きたり、お手洗いに行ったり、少しずつマイナートラブルが出てきました。 毎日少しずつお腹が大きくなるのがわかるんです、自分の体でお腹だけが大きくなるのは凄く不思議です。 体重ももちろん順調に増えていきます。(@_@)!!

 

 

そして臨月。さすがにお腹が大きくて、思うように動けず、キッチンに立ってもお腹がぶつかります。寝るにも一苦労。クッションを使ったり、寝返りをうつにもお腹を気にしながらになりました。お腹も張りやすくなり、時々ごろんと横にならないと痛くなってきます。横になったらなったでなんか気持ち悪いとか、体勢がうまくいかないとか、どうしたらいいの?って感じ。そしてこの夏の暑さ。普段暑がりではない私も今年は家族の誰よりも暑い!!!笑 寒いと言われても、「お願い、優しくして!」と懇願し、エアコンの優先権ゲット!笑 

そしてこのお盆中は最後だからと(?!)両家家族や友達との時間を、おいしい食事をお腹いっぱい食べて過ごしまして、、、急激に体重が増えました。!!!

そのお陰か?!お盆前の健診では少し小さめと言われた赤ちゃんも、急成長!

私のお腹も爆発しそうです! 2500g超えている様です。 

産婦人科でもういつ産まれても大丈夫と言われ、嬉しい気持ちと急に焦りも。。

でも覚悟決めたいと思います!(ここで決意表明!)

 

 

 

そんなこんなで、皆さんの支えがあって、36週を過ごしてこれました。

ありがたい限りです♡

赤ちゃんを授かった事も、ここまでこれたことも奇跡。

今は自分の体と赤ちゃんの体を大事にして無事産まれて来てくれる事を願いながら、そして今夜も赤ちゃんの胎動に起こされながら?、残り少ないマタニティ生活を噛みしめて過ごしたいと思います。

 

 

 

 

本日は私の妊婦生活をざっと振り返ってみました。

お付き合い頂きありがとうございました☆

今後、またブログ内でこれ便利!これ良かった!など、紹介していきたいなと思います。

 

 

 

それでは! 明日は今更ながら、マタニティフォト撮りにいってきます♡

(あ!! 個人的には、これは臨月入る前くらいの時期がいいかと。それは、個人差あると思いますが、やはり臨月に入ると少しだけむくむからです。女子にとって写真は大事なんです!1ヶ月前の方が可愛かった、と本気で思っています。笑)

 

 

TOEIC915点をとった私の英語勉強法 リスニング編

f:id:sabo-san:20180817180929j:plain

 

こんにちは!!sabo-sanです。

 

私は10年以上の年月を掛けて、やっとの思いでTOEIC915点を取ることが出来ました。

 

その体験記はこちら↓

sabo-san.hatenablog.com

 

今回は、TOEIC対策ではなく、英語のリスニング力を伸ばすことについて、真剣に考えてみました。私にとって効果のあった勉強法をまとめて紹介していきます。

 

テレビや映画、相手が何を言っているか分るということは、何より楽しいですよね! リスニング力を伸ばすことで違った世界が見えるようになるかもしれません。

 

目次

 

1. 発音

 

発音はリスニングじゃなくてスピーキングの話でしょ!って思うかもしれませんが、

発音ってリスニング能力を伸ばすためにも必要だと私は考えます。

 

そもそも英語も含めて他言語は日本語にない音があるんです。

赤ちゃんの頃からその音を聞いてしゃべっていないと感覚だけでは分からないのです。

だからこそ発音は「学ぶ」ことが大切です。

 

日本の英語の勉強は発音について学ぶ機会は殆どないと思います。

私も発音記号を習ったことは一度もなかったです。

 

だけど、どういう音があるのかを知らないで、どうやって聞くことができるようになるんでしょう。日本語にない音はこういう音があるんだ、ということを知ることが非常に大切です。これを知らないと「ア」は「ア」にしか聞こえないと思います。

 

発音を知ることで「ェア」とか「アー」とか日本語では一つの「ア」が何個もあることに気付きます。

 

私は「英語耳」という本で発音記号を一から学びました。

一人部屋でとことん発音をしていました。最初は恥ずかしいですが、ものすごく英語っぽく、外国人っぽくやるのがコツです。

この勉強はその後の私の英語力を根底から支えるものになりました。

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

 

 

2.一つのリスニング教材をとことん聴く&発音する

英語のリスニング教材は星の数ほどあると思います。

 

リスニング教材を使用する際、私が大切だと思うのは、下記4点です。

 

①色々なものに手を出さないこと

②一つのものをとことんやること

③聴いた通りに発音してみること(恥ずかしがらずに外国人っぽく)

④会話でストーリーが進んでいく内容のものを選ぶのがベスト

 

1つのものをとことん聴く時、私の場合下記の教材を使用しました。

 

このCDは1つの連続した話(ビジネス関連の話が1つ。大学生の日常生活の話が1つ。)がいくつかのチャプターに分かれて収録されています。

 

この教材のいい点は、話が続いていること、普段の会話でよく使われるフレーズがちりばめられていること、ビジネスや日常生活の何気ない会話が入っていること、などが挙げられます。ここに出てくるフレーズは実際の会話で私も使っていました。

 

よくある、1フレーズだけや1つの例文だけを聴くものは効果は薄いと思われます。

ばらばらの内容の例文をいくら聴いても生きた英語としては使いづらいですし、そもそも頭に入りません。

 

ストーリーがあるものを聴くことで、生き生きとした英語を学ぶことができます。

  

3.英語字幕付き映画やテレビ

1,2をとことんやったら後は実際のテレビや映画を観ることがいいと思います。

 

映画やテレビは固有名詞や専門用語やスラングなどが頻出するので、いくら英語力が伸びても分からないことが多いと思います。

 

なので英語字幕が付くもので英語字幕を見ながら鑑賞することをオススメします。

そうすれば、固有名詞やスラングが出てきたことを感じながら観ることができるので、内容の理解度が格段に上がるはずです。

何より観ることが楽しくなります。

 

4.会話

もう一つは会話することでリスニング力は上がります。

 

リスニング教材や映画鑑賞は自分が理解できなくても勝手に話は進んでいきますが、会話はそうはいきません。

 

会話では相手が言っていることをしっかり理解しないと、会話が成立せず、相手にも自分が理解していないことがすぐに伝わってしまいます。

 

そのため耳が本気を出すのです。

この耳が本気を出している時間を作ることで聴く力は伸びていきます。

 

日本にいて会話がなかなか出来ない方は、日本で外国人の友達を作りましょう。

 

5.他言語の理解

これは特に会話をするときにあると便利な知識です。

英語を話す時、英語が母国語でない人と話す機会はとても多いです。

その時、母国語の発音が英語の発音に出てくることはよくあります。

 

例えば、日本人ならLとRの違い母国語にはないため、LeadもReadも同じ発音「リード」になってしまいます。この時、相手が日本語はLとRの違いがない、ということを知っているとリードと発音したときにLeadかReadかを予測し理解することができます。

 

私の場合、メキシコ人と会話をする時、彼らの母国語であるスペイン語の知識はとても役に立ちました。

例えば、スペイン語では y をヤ、ユ、ヨ、のように使わず、ジャ、ジュ、ジョのように使います。そのため、「Young」と言う単語を「ヤング」ではなく「ジャング」と発音する人もいました。その時、瞬時に「ジャング」は「ヤング」のことかな、と推測することできました。

 

実際の会話では、このような知識もリスニング力に貢献することがあります。

 

もちろん、英語の中でもアメリカ英語、ブリティッシュ英語、オージー英語などがあり、大きく発音が異なります。それぞれがどのような発音をするのかを知っておくと聞き取りやすくなることがあります。

 

以上、効果のあった英語勉強方法まとめ リスニング編でした!

 

初めまして! サボさんの妻、サボちゃんです☆

f:id:sabo-san:20180816212243j:plain

 

 

初めまして☆ 

 

 

元金融機関勤務、結婚後主人の仕事にて海外駐在、帰国後現在妊娠中。

主人に勧められ、ブログ始めましたが、夫婦で一緒に運営していこうとの事で、こちらのブログにお邪魔する形になりました。

今後とも宜しくお願い致します♪

 

 

法人営業から飛び出した海外の生活は、びっくりと面白い事の連続!
色々な経験をさせて頂きました。 

海外生活の日常の色々な事やちょっとした事件など、思い出とともに、少しずつお伝えしてきたいと思います♪

 

 

 

ブログ初心者ですが、勉強させて頂きながら、私も楽しんでいこうと思います。

 

 

妻サボちゃんもどうぞ宜しくお願い致します(^^)♡

 

 

 

#はじめまして #海外 #駐在妻 #海外生活 

 

魅惑のメキシコ料理の世界 トルティーヤとサルサ

f:id:sabo-san:20180816090351j:plain

こんにちは!!

 

ユネスコ無形文化遺産にも登録されているメキシコ料理。

一番有名なのはやっぱりタコス!

最近ではメキシコ料理の専門店も見かけるようになりましたね。

そうは言っても日本ではまだまだメキシコ料理はあまり知られていないように感じます。

 

タコスは間違いなく美味しいですが、タコス以外にも美味しくて魅力的なメキシコ料理はあります。これからこのブログでは、メキシコ料理も紹介していきたいです。

 

今回はメキシコ料理の根底を支えるトルティージャサルサについて紹介します!

 

目次

 

 

メキシコ料理の特徴

 

アステカ民族やマヤ民族などの先住民族の料理をベースにスペイン料理の影響を受けて成立したと言われています。

 

トウモロコシやチレと言われる唐辛子を多く使っているのが特徴です。

他には、アボカド、チーズ、トマト、タマネギ、ライム、パクチー、牛肉、などがよく使われる材料です。

 

トルティージャに肉など色々なものを乗せればそれだけでタコスになります。

お好みのサルサ、塩、ライムなどをかけて食べればとても楽しい食事になります。

ビールとの相性も抜群です!

 

トウモロコシを使ったトルティージャは少しにおいに癖があるので、日本人は最初ちょっとにおいを感じるかもしれません。また、パクチーも色々な料理に使われているため、パクチーが苦手な人も要注意です。 

 

 

トルティーヤ・トルティージャ

 

メキシコ人の主食はTortilla(トルティーヤやトルティージャと発音)です。

Tortillaは主にトウモロコシが原料のToritilla de Maiz(トルティージャ デ マイス)と小麦粉が原料のTortilla de Harina(トルティージャ デ アリーナ)がありますが、メキシコではトウモロコシの方が主に食べられています。

 

私の場合、日本人のお客さんに対しては、トウモロコシのものは現地の味として紹介し、メインで食べるものは小麦粉のものを選んでいました。小麦粉のものはにおいもなく、もちもちしていて美味しいので、日本人も抵抗なく食べられます。

 

メキシコにいったら両方のトルティージャを試して見るとよいかと思います。

 

通常、何も言わないとトウモロコシのトルティージャしか出てきませんので、一言「Tortilla de harina, por favor」「トルティージャ デ アリーナ ポル ファボール」と言うと小麦粉のものも持って来てくれます。

 

メキシコには、このトルティージャをアレンジした料理たくさんがあります。

焼いた生地で具を包めば、タコス。

生地を揚げればトトポス(日本でもたまに売っている三角のチップス)

揚げた生地をスープに入れれば、ソパ デ トルティージャ

生地を煮てソースをかけて、チラキレス

などです。

 

 

サルサ

 

料理にかけるソースの種類が豊富なのも特徴です。

ソースの事をスペイン語ではSalsa(サルサ)と言います。

 

日本ではサルサソースというソースが確立されていますが、日本で言うサルサソースはメキシコでは数あるサルサの中の一つという位置づけです。

 

サルサは色々な料理にかけられます。それぞれの家庭の味もあり、メキシコには数えきれない程の色々なサルサが存在しています。

 

f:id:sabo-san:20180816143752j:plain
 

 

Salsa Verde(サルサ・ヴェルデ)

 

Verdeはスペイン語で緑という意味です。

その名の通り緑のソースです。

トマティーヨという緑のトマトをベースにしたソースです。

チリの量によっては辛くなりますが、様々なバリエーションがあるので色々な料理にかけて楽しみたいソースです。料理の色もカラフルになって見た目にも美味しいです。

 

Salsa Roja (サルサ・ロハ)

 

Rojaはスペイン語で赤という意味です。

こちらも名前の通り赤いソースです。

トマトをベースにチリやコリアンダーなどが入っています。

チリの量によってはとても辛いサルサになります。

家庭や店によって味が違うので色々と試してみたくなります。

 

Pico de Gallo(ピコ・デ・ガジョ)

 

トマト、タマネギ、ハラペーニョをみじん切りにして、ライムや塩で味付けをしたフレッシュなサルサです。 サルサというよりもタコスに乗せる具のような感じです。これをのせれば野菜のフレッシュさが加わりタコスなどの料理がさっぱりとして美味しくなります。

 

Guacamole(ワカモーレ)

 

こちらもサルサというよりも具に近いものです。これだけで食べることも多いです。アボカドを潰して、みじん切りにしたタマネギやチリを加え、ライムや塩で味付けしたものです。

トルティージャのチップスのディップソースとして使うと味わい深いです。ビールのつまみにも最高。

 

 

トルティージャサルサともにメキシコ料理のベースとなる部分です。

もしメキシコ料理を食べる機会があったら色々なトルティージャサルサを試してみて下さい。きっと自分に合うものが見つかるはずです。

 

海外出向・海外赴任 日本から持っていくべき必須アイテム5選

f:id:sabo-san:20180816082021j:plain

こんにちは!!

 

私は合計6年間海外で生活した経験があります。

 

海外に住んでいると日本の素晴らしさを毎日実感することになります。

 

朝、歯を磨く、歯ブラシが磨きにくい、トイレに行く、ウォシュレットがない、ご飯を作る、納豆がない、生卵が食べられない・・・。朝の一コマだけで不便なことがたくさんあります。

 

特に日本で快適な生活を送っている人ほど、海外での生活はとても不便でそれだけで嫌になってしまう人もいるはず。

 

ホント、日本って住むには快適なんです!とても恵まれているんです!

 

これから海外生活を始める方々が少しでも不便を感じないように、私の経験から日本から持っていった方がいいものを紹介していきます!

 

私が生活していたのは、アイルランドの中規模の町、メキシコの中規模の町です。

大都市では手に入る物資は基本手に入らないような所でした。

 

もちろん、国や地域によって事情は大きく異なるので、あくまで私の経験を基にした主観的な意見ですので、ご参考にして頂ければと思います。 

 

 

1. 携帯ウォシュレット

 

今や日本では、ほとんどのトイレにウォシュレットが付いていますよね。

 

好き嫌いがあるかと思いますが、私はウォシュレットなしでは生きていけません!

 

海外で一番辛いのがトイレです。毎日のことですから。

 

海外に行く前にたまたまネットで携帯ウォシュレットがある事を知り、すぐに購入しました。5年間愛用しましたが、壊れる事なく使えました。

 

これがなかったら私の海外生活はもっと辛いものだっただろうな。今でも出張などにも持っていっています。

 

ちょっと高いなぁと思いましたが、完全にもとはとれました。これは本当に持っていって良かった。

  

2. こたつ

 これは地域によるものだと思いますが、私の住んでいた所は、冬場は日本と同じくらい寒いところでした。普段はソファの生活でしたが、冬は部屋が寒すぎてとても大変でした。

 

海外ではよくある事かと思いますが、家が無駄にでかい、そして部屋が無駄に広いため暖房器具を使っていても全然暖かくならないのです。

 

私の家も居間が広すぎ&吹き抜けになっており、いくらストーブなどで暖めても全然効きませんでした。

 

そのため、局地的に暖める事が出来るこたつは重宝しました。

冬場はソファを使わず、こたつにあたって何とか暖をとって生活していました。

 

こたつの現地調達はかなり難しいのではないかと思います。私の住んでいた地域や近隣地域の大都市でも見た事はありませんでした。そもそも床に座って過ごすということがあり得ない所だったので、こたつなんて売ってないですよね。

 

日本で買って引っ越しの荷物に入れることをオススメします。

 

3. ホットカーペット

 

こたつとセットになるのがホットカーペットです。

普段ソファで生活していましたので、床に座ることはあまりなかったのですが、冬だけはホットカーペットとこたつで日本スタイルにしていました。この二つがなかったら冬家にいるのが本当に辛かったと思います。

 

これも現地で調達が難しい代物だと思います。

 

4. スリッパ

スリッパは大都市なら売っているところはあると思います。

 

私もメキシコシティの雑貨屋さんで見た事はありますが、それ以外は見た事がありませんでした。 

 

メキシコもそうでしたが、欧米では家の中も基本靴で過ごすため、日本のように家の中でスリッパを履くということ自体がないのです。そのため需要も少なく売っているところも少ないのではないかと思います。

 

私は家の中を土足禁止にしてましたので、家の中ではスリッパを履いていました。

ただ簡単に入手できるものではなかったので、持っていって良かったと思いました。

 

5. 歯ブラシ 

メキシコで売っている歯ブラシはヘッドがどでかい、山切りカット、ブラシの毛一本一本が太い、固いものしか売っていませんでした。

 

最初はそれしかなかったのでしょうがなく使っていましたが、全く磨けている感じがしませんでした。う〜ん、歯の隙間に毛が全然入っていかない。

 

私は毛先が細いものが好みなので余計にそう感じたのかもしれません。

 

これも先進国や大都市に行けば違うのかもしれないですが、日本のような高品質なものはなかなか手に入らないと思います。 

 

日本で買えば安いものなのでまとめ買いして持っていくをオススメします。

ちなみに歯ブラシは消耗品なので、引っ越しの荷物には入れられないと思います。(私のときはそうでした。)なのでスーツケースに入れて持っていく事になるかと思います。

 

あと、あまりに大量に持っていくと、荷物検査で販売目的だと勘違いされることもあるようですのでお気をつけ下さい。

 

 

 以上、海外出向・海外赴任時に日本から持っていくべきアイテム5選でした!

 

これから海外生活を始める方の参考になれば幸いです!

TOEIC点数アップのための勉強法 私の英語勉強体験記⑥最終回 (TOEIC 845点 ⇒ TOEIC 915点)

f:id:sabo-san:20180811072801j:plain

 

こんにちは!!

 

私の英語勉強体験をTOEICスコアを尺度にしながら紹介していく記事のパート6になります。

 

前回はTOEIC800点 ⇒ TOEIC 845点までの軌跡を紹介しました。

 

sabo-san.hatenablog.com

 

第6回目は、このシリーズ最終回になります。

TOEIC845点 ⇒ TOEIC915点、までの道のりです。

 

 

目次

 

1.メキシコでの海外生活

TOEIC845点を取ってから2年、私は英語の勉強をほとんどすることはありませんでした。仕事や友達と遊ぶことに全力を注いでいた時代です。

 

その後、メキシコに赴任することになり、生活が一変しました。

 

メキシコの公用語スペイン語、私もスペイン語を勉強し、日常最低限の会話はできるようになりました。

 

しかし、日常最低限の会話レベルで仕事をすることは出来なかったため、仕事をする時はほとんど英語を使っていました。

 

メキシコ人はある程度の教育を受けた人であれば、英語を話せる人が多いです。

私の周りにはそういった人が多かったので、英語で仕事をさせてもらっていました。

 

もちろん、アメリカとの繋がりが多いので、アメリカ人とのメール、電話会議は毎日行っていましたし、アメリカに行くこともよくありました。

 

そのような環境でしたが、英語を意識して勉強することは全くなく、とにかく生活していくための道具として使っていました。

 

そのような生活を5年間もすることになりました。

そして私もいつの間にか、なかなかのおっさんになったのでした。。

 

2.帰国、TOEIC受験

帰国してすぐに、英語力を試すために約7年ぶりにTOEICを受験しました。

5年間も毎日英語を使って生活していれば、さぞかしTOEICの点も上がるだろう、と余裕を持って受験しました。

 

リスニング・・・うん、イギリス英語とオーストラリア英語はちょっと聞き

        づらいけど、普通に出来ましたかな。自信あり。

リーディング・・・感覚で殆ど解いていきました。ただ文法は自分の感覚が合って

         いるのか?今までもあまり文法を意識して英語を使って

         いなかったので、そこは心配。問題はほぼ全部解き切った。

 

 

 【結果】

リスニング:480点 (前回比+10点)

リーディング:405点 (前回比+30点)

合計:885点 (前回比+40点)

 

う~ん、なんか微妙!

5年間も英語を使って生きてきたのにこんなもんかいっ!

 

リスニングはほぼ満点に近い点数でしたが、リーディングは大して伸びていない。。

やっぱり感覚で解いていたから文法間違っているのかな?

 

まぁもう一回受ければ900はいくかな?ということで、半年後にもう一回受験してみました。勉強は全くしていないです。

 

 【結果】

リスニング:440点 (前回比▲40点)

リーディング:420点 (前回比+15点)

合計:860点 (前回比▲25点)

 

 おいっ!下がってる!

リスニングは結構下がってしまいました。

確かに日本に帰ってきてからは英語もそんなに使ってないし。。

勉強も何もしていないし。。

よく分からんけど、900点の壁って意外と高いのかも・・・。

 

 

半年後、再受験。

 

 【結果】

リスニング:465点 (前回比+25点)

リーディング:405点 (前回比▲15点)

合計:870点 (前回比+10点)

 

だめだ・・・。俺の実力はこのレベルなんだ・・・。。

TOEICってかなりしっかり英語力を測れるテストなんだと実感しました。

3回やって殆ど点数が変わらない。。。

900点の壁が高すぎる。。。

 

3.壁を乗り越える

ここまでやったらどうしても900点は超えたい、という気持ちになりました。

900点取ったからって何が起きる訳ではないけど、この壁は越えたい。

ただそれだけです。

 

私は自分のテストの結果を並べ、どこが弱点なのかを確認しました。

 

・・・明らかに文法が弱点!!

 

ここだけ何とかすればこの壁は越えられるような気がしました。

 

そのため本を一冊だけ買い足しました。

 

「新TOEIC 文法問題 でる1000問」TEX加藤著

 

メジャーな本だと思います。

 

これがとてもとても良い本でした。

 

選択肢の正解の理由だけでなく、不正解の選択肢にも全て理由をつけてくれている。

これってなかなかないんです。

 

正解が分かっても、他の選択肢がだめな理由が分からないと応用がきかないんです。

 

やっぱり私は文法を間違って理解している部分がいくつかあったようでした。

 

また中学、高校と英語が嫌いだったので、5文型というものをないがしろにして、感覚で英語を使っていたのです。

 

そんなことにも気づかせてもらいました。感謝。

 

とにかくこの本をひたすら解きました。

(ひたすらと言っても数週間やっただけですが。)

 

そして、その結果がこちらです。

 

【結果】

リスニング:480点 (前回比+15点)

リーディング:435点 (前回比+30点)

合計:915点 (前回比+45点)

 

 

・・・やった~!!

 

やっと壁をぶち破りました!

 

初めてTOEICを受けた時からなんと14年が経っていました!!笑(自分でもびっくり)

 

ここで私は悟りました。

 

これ以上の点を目指しても今までの努力以上に勉強しテクニックを身につけなければ、990点には近づかないということを・・・。

それには恐ろしいくらいの時間が必要なのだろうと・・・。

そしてそれは私にとって何も生み出さないことを・・・。

 

なのでここで私はTOEICを受けることをやめることにしました。

 

英語は道具です。英語だけ出来てもあまり意味はないです。

そして数年後には、自動翻訳が実用レベルになることでしょう。

そうすれば英語が出来ても出来なくても関係なくなるでしょう。

 

私は英語を身につけてきたプロセスこそに意味があったと心から思っています。

新たな人との出会いや色々な国での生活、このプロセスは

私を確実に成長させてくれました。

 

これが私の約20年に渡る英語の勉強体験です。

 

おわり

 

※このシリーズでは、TOEICの点数を軸に概要を記述しました。

 今後、プロセスの詳細を記事にしていきたいと考えています。